So-net無料ブログ作成

長寿の国 [健康病気]

 世界で第一位の長寿国である日本 これはよく知られたことですが

 国内でも沖縄県がもっとも長寿人口が多いとされている やはり食生活する環境がその秘訣なのでしょうか 僕も田舎は九州なので、幼少の頃は海や山でよく遊んだものでした 食べるものも今に比べたら、かなり健康的だったと思えます

子供の頃の食生活は、人間をつくる上で、非常に大切なことも事実です 自分のことを振り返ってみても、これまで大きな病気をしたことがありません 視力もメガネをかける必要も無く とくに日常生活に支障をきたすようなこともありません 30代の半ばを過ぎる頃から、肩が凝るようになったことや運動した後に2~3日たってから筋肉痛が来るようになったこと・・・・

それくらいでしょうか 田舎から上京してからの生活環境の変化には、最初は戸惑うことが多くありました もう24年も前のことですが、 ひとつはコンビニの存在、そしてお米を購入することへの抵抗はかなりの間続きました おにぎりは買って食べるものではなかったからです うちの田舎は、以前は田んぼがありまして、裏山では、みかんやシイタケをつくっていました 

ちょっとした野菜なら、小さい畑ですが家族の食卓を満たす分くらいは収穫がありました そんな環境に18年もいたので東京へ出てきた時は それは驚きでした  そのうちにコンビニでよく見るようになったのが ミネラルウォーターでした

これも僕にとっては、衝撃でした なんで水まで買うの????  未だに抵抗はありますね、世界でも水量の豊富な国で通っている日本でこんな時代になるとは解らないものですね これらも健康ブームの一種ではあると思いますが

ともかく 現在五体満足にいられるのも、子供の頃の恩恵ではないかと最近つくづく思います

自分が長生きできるかどうかは解りませんが、都会の生活習慣に染まりきってしまった最近、自分で考えてみても決して健康的な生活スタイルとは言えません

時々、田舎の暮らしを思い出して、リセットすることを心がけようと思います

 

最後に 日本の100歳を越える人口がおよそ4万人、そしてそのうちの86%程が女性だそうです 今も昔も圧倒的に女性が強いという結果です  これも当然かなと思います 

 しかし、 医学の進歩とともに長生きするようになった日本ですが、この長寿がもたらす明暗もはっきりしています 死亡原因トップの癌は、平均寿命が40~50歳の時代には、考えられなかった病気です 当時は結核や盲腸でも死亡の原因となっていましたから、・・・・  冷静に考えれば、長生きすれば、それだけ癌だけでなくいろいろな病気になる確立は増える訳ですから、これもまた当然なのかもしれません 

高齢化が進む中、出生率とのバランスも危ういことは、もう何十年も前からの課題となっていますが、これといった打開策も打たないまま、今日まで来てると思いますし、そのほかにも、沢山の問題を抱えた状態が今の日本の状況なだけに、すぐにどうにかなる訳でもありません

この時代に生きている人間としては、真正面から向き合うことが義務付けられているとしか思えません

マイナスに捕らえるのではなく、とにかく前向きに感がる事で、わずかでも光が見えるのではないでしょうか

 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました